自転車専門店 ペダル

アルバイト募集中

自転車イロハ

乗車前点検

自転車の各部名称

安全に乗っていただくため、乗車前に次の点検を実施してください。
点検、調整後は試乗してください。
異常や不明な点があれば乗車せず自転車店に相談してください。
取扱説明書のポイントをまとめました。
詳しくは取扱説明書をご覧ください。

  • タイヤ 空気圧は大丈夫か? パンクはしていないか?
    タイヤバルブ ゆるみはないか?
  • ブレーキ ブレーキがしっかり効くか?
    ブレーキレバー しっかりハンドルに固定されているか?
    ブレーキワイヤー ほつれやサビがないか?
    ブレーキゴム リムの側面に沿って固定されているか? 磨耗していないか?
    ブレーキ本体 ガタはないか? スムーズに動作するか?
  • 車輪(前後) ゆがんで回転していないか? ガタつきはないか?
  • スポーク 折れているものはないか? 曲がっているものはないか?
  • ベル よく鳴るか?
  • グリップ ゆるみがないか?
  • ハンドルの高さ、固定 ステムは限界線以上あがっていないか?
  • ハンドル しっかり固定されているか?
  • 変速レバー 正しく変速するか?
  • サドル しっかり固定されているか? シートポストは限界線以上あがってないか?
  • ランプ 点灯するかどうか? 回転部分がスムーズに作動しているか?
  • リフレクター 汚れ損傷は無いか?取り付け角度は適正か?
  • ヘッド よく回るか? ゆるみはないか?
  • ペダル ガタはないか? よく回るか? 曲がりはないか?
  • クランク ガタはないか? よく回るか? 曲がりやヒビワレはないか?
  • チェーン ゆるみすぎてないか?錆びてないか?
  • フレーム 変形やヒビワレはないか?

タイヤの空気圧について
乗った時に、タイヤと地面との接地面の長さが9から10cm位になるのが標準です。
空気圧が低すぎると、タイヤの損傷が早く、パンクの原因になり、車輪の回転が重くなります。
タイヤは接地面のトレッド溝がなくなる前に交換して下さい。
ブレーキワイヤーは異常が見られなくても、1年に1回は交換して下さい。
ブレーキシューは、制動面の溝が残り1mmになる前、もしくはメーカー指定の交換目安ラインで交換して下さい。