自転車専門店 ペダル

アルバイト募集中

自転車イロハ

トルクについて

ネジとトルク

■トルクとは・・・
自転車整備にあたり、主に締め付けトルクの事を指します。
締め付けトルクとはネジ部の締め付ける力の量をあらわすもので、主に自転車の各パーツを取り付けるときに締め付けるボルトの力量を指示するために使用されています。

■トルクの重要性とは・・・
単純に締め付け不足でネジが緩み、パーツが外れてしまったり、締め付けすぎてネジを破損してしまうことがあります。
パイプ状のものを締め付けることが多い自転車において、締め付けすぎはパイプを変形させることになります。
変形したパイプは本来の剛性が損なわれ、局所的に剛性が低下し、走行中の破損につながります。そして走行中の破損はそのまま人身事故に直結します。
トルク管理はそういった組立ミスをなくすために重要です。

■トルクの計算とは・・・
基本的に力(N)×距離(m)として計算します。
単位は Nm(ニュートンメーター)もしくはkgfcm(キログラムエフセンチメートル)
例1 ネジの中心から15cm離れたところに300Nの力を加えた場合、ネジ(中心部)の締め付けトルクは?
300N(約30kgf)×0.15m(15cm)=45N・m(約450kgf・cm)
自転車の各部名称
例2 図のように両側にハンドルがついたレンチでネジを回した場合、ネジの中心から10cmのところをそれぞれ300Nの力で回した場合は?
※ 同じ方向へ作用するトルクはそれぞれの力の合算となります。
300N(約30kgf)×0.1m(10cm)×2箇所=60N・m(約600kgfcm)
自転車の各部名称
部品を数箇所のネジで固定する場合、締め付けトルク以外にそれぞれのネジを均等に締め付けることが重要になります。1箇所だけを先に締め切ってしまうのではなく、徐々に図のような順番でネジを締めていきましょう。
自転車の各部名称

■初期緩みについて・・・
様々な力を吸収しネジは緩みます。特に新品のネジの場合、金属同士の微妙なアタリが出るまでは緩みやすいのでこまめにチェックしましょう。

■グリース塗布の意味とは・・・
ネジを締め付ける際にグリースをネジ山に塗布する事はこのような意味があります。
1 締め付けトルク値の安定
ネジ山表面の状況により、本来の締め付けトルクと異なった数値が現れる場合があります。
ネジ山表面の全体の摩擦抵抗を滑らかにすることにより、ネジに本来の締め付けトルクを得ることができます。
2 金属同士の焼き付き防止
金属同士が擦れ合うことで局所的な摩擦熱が発生し、分子レベルでの結合をすることを焼き付きといいますが、それを防止します。